競馬(情報・ニュース)

先週の新馬戦から(6月20・21日)

 先週から来年のクラシックへ向けての第一歩でもある新馬戦がスタートしました。果たして今年の1番星は誰だったんでしょうか。

 6/20 阪神4R 芝・1200m 勝ち馬:エーシンダックマン(牡2) 騎手:武豊 厩舎:坂口正則(栗東) 父・サクラバクシンオー 母・エイシンチタニア 母の父・スピニングワールド 勝ち時計:1分9秒7(良)

 短評:すんなりとハナを切りそのまま押し切り。2着に4馬身差を付ける圧勝でした。昨年もユタカ=坂口則コンビで関西エリア最初の新馬戦を勝っています。血統的には活躍馬に乏しい面も…

 距離適性:短距離 血統:2 将来性:3 総合評価:C

 6/21 阪神4R 芝外・1600m 勝ち馬:ダノンパッション(牡2) 騎手:武豊 厩舎:池江泰郎(栗東) 父・アグネスタキオン 母・スターズインハーアイズ 母の父・Woodman 勝ち時計:1分39秒4(良)

 短評:出遅れる、口を割るなど若さが出てしまった感もありましたが、素質はかなりありそうです。血統的にも兄はアインラクス(若駒S)、いとこにはディープインパクトがいる相当な血統力もあります。

 距離適性:クラシック 血統:5 将来性:5 総合評価:B

 6/20 福島5R 芝・1000m 勝ち馬:リネンパズル(牝2) 騎手:田辺裕信 厩舎:南田美知雄(美浦) 父・パラダイスクリーク 母・アルテミスターキン 母の父・ジョリーズヘイロー 勝ち時計:57秒9(良)

 短評:人気薄の気楽さもあってかハナを切っての逃げ切り勝ち。確かな物がありましたが、人気にはならなさそうなタイプか。

 距離適性:短距離 血統:1 将来性:2 総合評価:D

 6/21 福島5R 芝・1200m 勝ち馬:チェリーソウマ(牡2) 騎手:木幡初広 厩舎:嶋田功(美浦) 父・サクラバクシンオー 母・アトムチェリー 母の父・ヘクタープロテクター 勝ち時計:1分12秒1(重)

 短評:前日の新馬戦同様逃げ切り勝ち。兄にタイセイアトム(’08ガーネットS勝ち)を出しており、ダートでも活躍できそう。

 距離適性:短距離 血統:3 将来性:3 総合評価:C

 6/20 札幌4R 芝・1000m 勝ち馬:コスモソルスティス 騎手:丸田恭介 厩舎:中尾秀正(栗東) 父・アドマイヤマックス 母・パールピアス 母の父・サンシャインフォーエヴァー 勝ち時計:57秒6(良)

 短評:レースでは3番手追走から直線で上手く抜け出して勝利。ただ、追い切りでは目立たなかったから実戦タイプ?父は新種牡馬。

 距離適性:短距離 血統:2 将来性:3 総合評価:C

 6/21 札幌4R 芝・1200m 勝ち馬:サンディエゴシチー 騎手:藤岡佑介 厩舎:作田誠二(栗東) 父・マンハッタンカフェ 母・ジェニーソング 母の父・Rahy 勝ち時計:1分10秒5(良)

 短評:馬体には幾分の余裕があったがそのまま押し切ってしまった。本質的には距離伸びてか。

 距離適性:マイル~中距離 血統:3 将来性:3 総合評価:C

 先週は関西馬4勝、関東馬2勝で終わりました。関東馬は人気薄激走あったりとまだ評価が定まってないかな?という印象があります。札幌も人気集めた関東馬が凡走したりと評価に疑問符が残ったのもいます。

| | コメント (1)

アグネスタキオン急逝

 一瞬、「ウソだろ…」と思った。先の三沢光晴さんの試合中の事故死といい、なぜ、スーパースターほど急逝してしまうのかと…

 2001年に無敗で皐月賞を制し、種牡馬としてもディープスカイ(栗東・昆厩舎)、ダイワスカーレット(引退)などのG1ホースを送り出しているアグネスタキオンが22日の午後けい養先の社台スタリオンステーション(北海道安平町)で亡くなった。馬房内で発見されており、突然死と見られるが、詳しい死因は不明。

 サンデーサイレンス産駒の同馬は現役時代、河内洋騎手(現・調教師)とのコンビで活躍。デビューから無敗のまま皐月賞を制したが、その後屈腱炎を発症し、わずか4戦で引退した。2戦目のラジオたんぱ杯3歳S(現・ラジオNIKKEI杯2歳S)では、後にダービーを制したジャングルポケット(2着)やNHKマイルCを制したクロフネ(3着)を寄せ付けず、弥生賞では後に菊花賞を制したマンハッタンカフェ(4着)を退けた。圧倒的な強さに幻の三冠馬とも言われた。1歳上の全兄アグネスフライトはダービー馬、母アグネスフローラは桜花賞馬、祖母アグネスレディーはオークスを制し、日本を代表する良血馬だった。

 種牡馬としても、現役時以上の大成功を収めた。初年度産駒のロジックがNHKマイルC(2006年)を制覇。その後G1(Jpn含む)4勝を成し遂げたダイワスカーレット、昨年のダービー馬で今週の宝塚記念の最有力馬のディープスカイを輩出。昨年は他にもキャプテントゥーレ(栗東・森厩舎)が皐月賞を、リトルアマポーラ(栗東・長浜厩舎)がエリザベス女王杯を制しており、産駒の年間総収得賞金がJRA・地方合わせて約35億円という記録を樹立。1995年から2007年まで13年連続でリーディングサイアーに君臨してきた父サンデーサイレンスに替わり、トップの座に就いた。昨年は種牡馬入り後最多の230頭と交配していた。

 これから日本の種牡馬界を牛耳るであろうタキオンの急逝はショックかも知れないです。今週の宝塚記念は弔い合戦かディープスカイ!

 先週の新馬戦については翌日に。

| | コメント (0)

ウオッカは7着。(ドバイデューティフリー)、その他ドバイ結果

 日本からは3頭が出走したドバイワールドCデー。日本の総大将ウオッカが出走したドバイデューティフリーが28日(現地時間)夜に行われました。

 ウオッカが出走したドバイデューティフリー(UAE・G1 芝:1777m)は勝ち馬グラディアトラス Gladiatorusの7着に敗れました。

 また、ドバイワールドCに出走したカジノドライヴは8着に敗れています。勝ち馬はウェルアームド Well Armedでした。

 ドバイゴールデンシャヒーンに出走したバンブーエールは4着に健闘。勝ち馬はビッグシティーマン Big City Manでした。

| | コメント (0)

黒船賞はトーセンブライトが55か月ぶりの重賞制覇!

 20日、高知競馬場で行われた交流G3の第11回黒船賞(サラ系4歳以上オープン ダート1400m 優勝賞金3000万円)は安藤勝己騎手騎乗のトーセンブライト(牡8 美浦・加藤征弘きゅう舎)が圧倒的1番人気のフェラーリピサに5馬身差をつける圧勝でした。勝ち時計は1分27秒4。(不良)3着には9番人気のフサイチバルドル(高知)が入線し、3連単は10万円を越える配当となった。

 勝ち馬トーセンブライトは、父:ブライアンズタイム、母:アサヒブライト(その父:ジェイドロバリー)という血統。これまでにダート重賞では2着2回などの成績を残しており、今回の勝利が04年のサラブレッドチャレンジC(交流G3)以来実に4年7か月ぶりの重賞勝利となった。通算成績は41戦9勝。

 ※重賞の格付けは当面従来表記を使用します。

|

訃報

 JRAは20日栗東トレーニングセンター所属の安田伊佐夫調教師が同日に死去したと発表しました。64歳でした。

 安田伊佐夫調教師は1944年11月22日生まれ。宮崎県出身。1963年に騎手としてデビューし、1970年にはタニノムーティエとのコンビでクラシック2冠(ダービー、皐月賞)を制しました。通算342勝(2983戦)の成績を残し、1979年に調教し免許を取得しました。主な管理馬には2001年の宝塚記念を制したメイショウドトウ、重賞2勝のファストタテヤマなどがおり、JRA重賞はG1の1勝を含む25勝。20日には高知競馬場で行われた黒船賞(交流G3)には管理馬のヴァンクルタテヤマが出走(10着)しており、これが最後の出走馬となりました。通算成績はJRA487勝(5032戦)地方10勝(57戦)。

 なお、安田調教師の死去に伴い、ヴァンクルタテヤマやメイショウトウコンなどの管理馬全29頭は翌21日付で栗東・武田博厩舎へ転厩します。

 ※重賞の格付けは当面従来表記を使用します。

|

関西馬次走予定

 先の桜花賞TR報知杯フィリーズレビューを制したワンカラット(牝3・藤岡健)、同レース3着のレディルージュ(牝3・安田隆)は共に桜花賞を予定。同厩で沈丁花賞を制したスタッドジェルラン(牡3・安田隆)は休養を挟みユニコーンS(6/6 東京・ダート1600m)を目標とする。阪神芝1200mで500万一般戦を制したラインブラッド(牡3・領家)はマーガレットS(4/4 阪神・芝1400m)へ向かう。

 音無厩舎勢にも動きがあります。中山牝馬S4着のザレマ(牝5)は4/11のサンスポ杯阪神牝馬S(阪神・芝1400m)へ。中京記念4着のヴィクトリー(牡5)は4/5の産経大阪杯(阪神・芝2000m)へ。中山記念覇者のカンパニー(牡8)は読売マイラーズC(4/18 阪神・芝1600m)へ向かう。同レースには東京新聞杯6着のタマモサポート(牡6・藤岡建)も出走を予定している。昨年のヴィクトリアマイル覇者のエイジアンウインズ(牝5・藤原英)は既に帰厩。ただ、復帰戦については未定のこと。じっくりと調整していく。昨年のJCダート、東京大賞典、今年の川崎記念を制し、フェブラリーSは3着だったカネヒキリ(牡7・角居)は交流G1かしわ記念(5/5 船橋・ダート1600m)を目標としている。ダイオライト記念3着の同厩ロールオブザダイス(牡4)はアンタレスS(4/26 京都・ダート1800m)を予定。

|