« 訃報 | トップページ | フラワーC予想 »

黒船賞はトーセンブライトが55か月ぶりの重賞制覇!

 20日、高知競馬場で行われた交流G3の第11回黒船賞(サラ系4歳以上オープン ダート1400m 優勝賞金3000万円)は安藤勝己騎手騎乗のトーセンブライト(牡8 美浦・加藤征弘きゅう舎)が圧倒的1番人気のフェラーリピサに5馬身差をつける圧勝でした。勝ち時計は1分27秒4。(不良)3着には9番人気のフサイチバルドル(高知)が入線し、3連単は10万円を越える配当となった。

 勝ち馬トーセンブライトは、父:ブライアンズタイム、母:アサヒブライト(その父:ジェイドロバリー)という血統。これまでにダート重賞では2着2回などの成績を残しており、今回の勝利が04年のサラブレッドチャレンジC(交流G3)以来実に4年7か月ぶりの重賞勝利となった。通算成績は41戦9勝。

 ※重賞の格付けは当面従来表記を使用します。

|

« 訃報 | トップページ | フラワーC予想 »

競馬(情報・ニュース)」カテゴリの記事