« 関西馬次走予定 | トップページ | 黒船賞はトーセンブライトが55か月ぶりの重賞制覇! »

訃報

 JRAは20日栗東トレーニングセンター所属の安田伊佐夫調教師が同日に死去したと発表しました。64歳でした。

 安田伊佐夫調教師は1944年11月22日生まれ。宮崎県出身。1963年に騎手としてデビューし、1970年にはタニノムーティエとのコンビでクラシック2冠(ダービー、皐月賞)を制しました。通算342勝(2983戦)の成績を残し、1979年に調教し免許を取得しました。主な管理馬には2001年の宝塚記念を制したメイショウドトウ、重賞2勝のファストタテヤマなどがおり、JRA重賞はG1の1勝を含む25勝。20日には高知競馬場で行われた黒船賞(交流G3)には管理馬のヴァンクルタテヤマが出走(10着)しており、これが最後の出走馬となりました。通算成績はJRA487勝(5032戦)地方10勝(57戦)。

 なお、安田調教師の死去に伴い、ヴァンクルタテヤマやメイショウトウコンなどの管理馬全29頭は翌21日付で栗東・武田博厩舎へ転厩します。

 ※重賞の格付けは当面従来表記を使用します。

|

« 関西馬次走予定 | トップページ | 黒船賞はトーセンブライトが55か月ぶりの重賞制覇! »

競馬(情報・ニュース)」カテゴリの記事